買い物カゴを見る 会員ログイン ご注文の仕方 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
イベリコ豚しゃぶしゃぶ イベリコ豚惣菜・加工品 イベリコ豚ステーキ イベリコ豚焼肉 ハモンイベリコ(イベリコ豚生ハム) 

ハモンセラーノとは

ハモンセラーノとは?

ハモンセラーノとは

ハモンセラーノ(Jamon serrano)の名前の由来。


スペイン語のハモン(Jamon)は、日本語で「ハム」
スペイン語のセラーノ(serrano)は、日本語で「山の」
そのためハモンセラーノとよばれています。

「山の」とつけられた由来は、スペインの生ハムは山岳地帯の多い地域で生産されてきたため、スペイン語で「sierre」は、「山」を意味しているため、山の生ハム=ハモンセラーノとよばれるようになったといわれています。

ハモンセラーノ原木

スペインの生ハムの歴史・生産量について

スペインでは、何世紀も前から生ハムが作られていたといわれています。
それは古代ローマ帝国時代、戦争の遠征の保存食に生ハムをもっていったとも言われています。

スペインでは空気乾燥生ハムの消費量・生産量において世界最大規模です。
スペイン製造される主な生ハムは、一般的に食べられるハモンセラーノは約90%、高級な世界最高級と言われているハモンイベリコが約10%となります。

ハモンセラーノの豚肉の品種

EU諸国で生産された白豚になります。蹄が白いのが特徴。
品種はヨークシャー、ラージホワイト、ランドレース、ピエトレン、基本的に豚舎で主に穀類からつくられた資料を与えます。

ハモンセラーノ作り方・特徴

生ハムづくりに必要なのは塩(海塩)、空気、温度管理、時間だけです。
現代は不安定な自然の力だけを借りずに、伝統的な製法と近代的な乾燥設備を合わせ、安定した高品質の生ハム作りを行っています。

製造工程は「塩漬け」(冬)→「後塩漬け」(冬)→「乾燥」(春・夏)→熟成(秋)

ハモンセラーノ熟成、作り方

ハモンセラーノ食べ方、保存方法。

生ハムを食べるのは室温(14℃〜24℃)に戻してから食べるのが一番おいしく召し上がれます。
スペインではおつまみとして食べられることが多く、赤ワインやビールと食べたり、パンと一緒に食べるのが一般的です。

・スライスされた物の場合。
スライスされたもを購入された場合は、冷蔵庫で保存されていることが多いと思います、生ハムのおいしさは脂身にあります、常温に戻すことで口の中でしっとりとした旨味と、赤身のうまみを感じることができます。
パックを開けられた際はできるだけ、すべて消費することが好ましいですが、余った場合はできる限り空気に触れないようラップでくるみ密閉容器にいれ冷蔵庫で保存ください。

・原木(ブロック)をスライスされる場合。
可能な限り薄くスライスし、一口で食べれるようにカットしてください。
切りたてをすぐにお召し上がりいただくのが何よりもおいしく召し上がれます、空気に触れるほど乾燥し、酸化が進みますのでお早目にお召し上がり下さい。
一度で使いきれない原木は、高温、多湿を避け、常温で保存してください。ラップをかけて保存していただき、カビができないようにこまめに保存してください。

切りたてのハモンセラーノ保存方法食べ方

ハモンセラーノは栄養価の高い食品

ハモンセラーノは自然食品で、消化もよく、栄養価が高く、低カロリー食品でビタミンB群やたんぱく質が含まれています。

(栄養価100g当たり)

たんぱく質:24〜34g
脂肪分:8〜14g
塩分:4〜6g
炭水化物:0.6g
リン:180〜240mg
ビタミンB1:1mg
ナイアシン:3.5mg
その他、鉄、カルシウムなどのミネラル類も含まれています。

(エネルギー188〜220kcal)

生ハムの調理例

ハモンセラーノの消費の仕方。

スペインではパーティー、イベント、お祝いの席、寄合、などでハモンがふるまわれます。
スペインではハモンセラーノは小売店で原木・スライスを購入できます、バル(バー)やレストランでも食べれます。

パーティーでハモンセラーノを楽しむ

世界三大生ハム

ハモンセラーノ(スペイン)、プロシュット又はプロシュート(イタリア)、金華火腿又は金華ハム(中国)と言われています。

※スペインではハモンセラーノをしのぐ、世界最高級の生ハム、ハモンイベリコが存在します。

生ハムのまめ知識

・基本的に国内のハムメーカーの生ハムは加熱されていますので、スペインなどの本場の生ハムは非加熱で乾燥、熟成されるため風味も旨味も全く違うものになります。

・日本でハモンセラーノ・ハモンイベリコは作れるの?という質問をいただきますが、不可能です。豚肉の品種、スペインとの気候の違い、スペインの公的機関による認定もないため日本では製造できません

・ハモンセラーノ値段の違い。安いものから高いものまであるのですが。各メーカーで飼育からの餌の品質、白豚の血統、熟成の期間などにより安価なものから高価なものまで出回っております、主に熟成期間も大きくなります7か月熟成して早期に
出荷するのと、長期間じっくり1年以上かけ熟成させるのでは価格も全く異なります、いろいろな生ハムを食べて自分好みの生ハムに出会ってください。

ページトップへ